アメリカでホームビジネスを始める際の注意点

Start Up Launch Business Ideas Plan Creativity Concept

スモールビジネスをスタートする際、例えばネットショップやトレードビジネスなどで多くの在庫を抱える必要がなく、限られた来客しかない場合はホームビジネスはリース契約などに縛られることなくフレキシブルにビジネスを行うことができ、コスト的に効果的な形です。
ホームビジネスを始める際の注意点

  1. お客様や仕入業者があなたのビジネスを軽く見ないか。
  2. お客様や仕入業者がアクセスするのに適当なロケーションか。
  3. 日々の業務や商品を保管するための十分なスペースはあるか。
  4. 子供やテレビなど日常生活に邪魔をされずに仕事に集中できるか。
  5. 賃貸の場合、大家の許可はあるか。

ゾーニング法に注意する。
自治体によりホームビジネスを行う際の規定があり、その場合はHome Occupation Permitをもらう必要があります。
規定例

  1. 居住者以外の従業員を雇ってはいけない。
  2. お客様の数、訪問時間の制限。
  3. 自宅内のビジネススペースの占有率の制限。
  4. 自宅の外に出すビジネスサインの制限。
  5. 車両の大きさの制限。

ホームオフィスを税金控除する。
ご自宅をビジネスで使う場合、ビジネス占有率により家賃やモーゲージの一部を税金控除することができますが、IRSに以下の制限があります。

  1. ビジネス専用の部屋であること。
    例)同じ部屋にベッドやダイニングテーブルがあってはだめ。
  2. 自宅の他にオフィスを持っていないこと。