タックスリターン(法人事業主)

Flat design tax calculation illustration vector

LLC

利益のあるなしに関わらずすべてのLLCはフォーム1065を使ってタックスリターンを行います。LLCはほとんどの場合は会計年度終了が12月 31日なのでタックスリターンの期限は4月15日となります。LLCは収支をスケジュールKを使いオーナーに報告します。オーナーはスケジュールKに従っ て税務申告を行います。
利益があるなしに関わらずすべてのLLCカリフォルニア州にミニマム$800のLLC FEEを納めます。LLC FEEは売上に応じて増加します。

Cコーポレーション

利益のあるなしに関わらずすべてのCコーポレーションはフォーム1120を使ってタックスリターンを行います。会計年度終了後2ヶ月15日以内にファイルします。例えば会計年度末が12月31日の場合3月15日までにタックスリターンを行います。

2015年度Cコーポレーションタックスレート

以下の税率表の読み方について例えば課税収入$60,000の場合、表によると税率25%となりますが25%の課税はあくまでも$50,000を超えた$10,000に対してだけで収入の内$49,999までは15%の所得税を計上します。

課税収入 税率
$0〜$50,000 15%
$50,001〜$75,000 $7,500 +25% Of the amount over 50,000
$75,001〜$100,000 $13,750 + 34% Of the amount over 75,000
$100,001〜$335,000 $22,250 + 39% Of the amount over 75,000
$335,001〜$10,000,000 $113,900 + 34% Of the amount over 75,000
$10,000,001〜$15,000,000 $3,400,000 + 35% Of the amount over 75,000
$15,000,001〜$18,333,333 $5,150,000 + 38% Of the amount over 75,000
$18,333,334 and up
35%

すべてのCコーポレーションは課税所得の8.84%をカリフォルニア州に所得税として収めます。利益がなくても最低$800もしくは8.84%どちらか大きい方を収めなければなりません。

expense receipt ,tax,and scissors

S コーポレーション

利益のあるなしに関わらずすべてのSコーポレーションはフォーム1120Sを使ってタックスリターンを行います。Sコーポレーションはほとんどの場 合は会計年度終了が12月31日なのでタックスリターンの期限は3月15日となります。Sコーポレーションは収支をスケジュールKを使いオーナーに報告し ます。オーナーはスケジュールKに従って税務申告を行います。
すべてのSコーポレーションは課税所得の1.5%をカリフォルニア州に所得税として収めます。利益がなくても最低$800もしくは1.5%どちらか大きい方を収めなければなりません。

法人のタックスリターン$600/件

タックスリターンに必要な数字が揃えられていない場合は別途コンピュテーションフィーが必要です。

法人会計業務のお問合せ

アプライドWEBパーツ_01